<< でっけーなー、これ(対中国、個人観光ビザ第1弾、お出迎えキティちゃん)。 | main | 「死者の季節(上」デヴィッド・ヒューソン >>

スポンサーサイト

  • 2011.01.09 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


「フランス料理を築いた人びと」辻静雄

評価:
辻 静雄
中央公論新社
¥ 900
(2004-04)
コメント:うーん、目的とちょっとズレてたんですが、抽象論が多い気はします。そもそも料理とはなんぞや? というかね。

まあ、どちらかというと私が目的としていたのは、ちょうどこの本の著者さんがせっせと探していた側の“フランス料理そのものの歴史”ではあったのですが(要はカトリーヌ・ド・メディシスがイタリアから持ち込んできたとかそういうの)、時代は18世紀から19世紀、大雑把に最後に「限られた人のためだけ」に料理を作っていたシェフたちから。
現代のフランス料理を作り上げていった人たちや。
南仏を舞台に活躍する未来のフランス料理家などが扱われ、それ以上に比重が高かったのはそうだなぁ、著者さん自身のアプローチっていうか、どのようにして誰と出会い、フランス料理の真髄とも関わるようになったか、という一代記のようなもので。
別に不満があるわけではないんですが(日本のフランス料理を作り上げた方、というか、日本で本物のフランス料理が食べられるのはこの方のおかげだとか、それは大したものだと思います)、ぶっちゃけて一冊目に読むにはお勧めしにくいような気はするかな。

ともあれ、何代も続くフランス料理の老舗なんてぇものはないんだよ。とか。
(日本料亭ってのはあれは本当に続くだけの価値があるのかなぁ、ということを引き合いに出しておられたわけですが、徒弟制度のあるなしなどという違いはあれど、確かに、先代が優れていて次代も、というのはちょっと不思議な話ではありますね。)
この店はもとはこう、いつ店舗が変わったかすら判然としないこともあり、持ち主も変わり、はなはだ曖昧であれど「フランス料理」そのものの地位は揺るがず、店で正直舌の肥えたといえない人々に食べさすのは不幸かしらとか、だったら特定のお金持ちである誰かに抱え込まれてるのが本当に幸せだったのかとか。
どうもこう、料理とは? という概念そのものを問うような体裁でしたでしょうか。


スポンサーサイト

  • 2011.01.09 Sunday
  • -
  • 20:47
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
sponsored links
世界史。
にほんブログ村 歴史ブログ 世界史へ
にほんブログ村
見たな?
profilephoto
selected entries
categories
archives
recent comment
  • 「中世イタリア商人の世界−ルネサンス前夜の年代記」清水広一郎
    紅夜 (12/20)
  • 「中世イタリア商人の世界−ルネサンス前夜の年代記」清水広一郎
    cucciola (12/16)
  • 「終わりの始まり(上」ローマ人の物語29、塩野七生
    紅夜 (08/28)
  • 「終わりの始まり(上」ローマ人の物語29、塩野七生
    iroha (08/26)
  • 「賢帝の世紀(下」ローマ人の物語26、塩野七生
    紅夜 (05/16)
  • 「賢帝の世紀(下」ローマ人の物語26、塩野七生
    半杭正幸 (05/15)
recent trackback
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM